-農薬・架線・空撮・産業用ドローン製造・販売-マゼックス


国土交通省への申請



機体重量が200g以上の無人航空機は航空法によって以下の定められた規制があります。


1.空港付近周辺の飛行
2.人工集中地区の飛行
3.地表から150m以上の飛行

この3つの項目以外の飛行では申請が必要ありません。



これら以外にも細かく6つ条件が定められています。


1.夜間飛行(日の入りから日の出までの時間帯)
2.目視外飛行(操縦者が機体を確認出来ない飛行)
3.人、建物、車などから30m以上の距離を確保出来ない場合
4.イベントなどの上空
5.薬液などの危険物の輸送
6.機体から物を落下させる時

これらの1つでも、ドローンを使用し当てはまる場合は申請・許可が必要です。
農薬散布を行う場合は、農薬を機体に積載し上空から撒くので、
「危険物の輸送・物件投下」の許可が必要です。



弊社ではお客様個人でも申請できるように、
申請用紙・国土交通省が掲示している申請記入例・申請先のPDFファイルをお渡し致します。


初めての申請の場合、お時間がかかる場合が御座います。
そこで弊社と契約している行政書士がおりますので、
機体をご購入頂いたお客様は一般料金よりも格安で代行申請致します。
その他にも申請や法的なご質問が御座いましたら、行政書士にお気軽にお問い合わせ下さい。


一度行政書士へ依頼頂けますと、2回目からの申請は日付など変えるだけで
申請できるように申請書類のひな形をお渡ししております。
何度も費用が掛かることはありませんので是非ご利用下さい。



   
   
かずき行政書士事務所 http://kazukioffice.com/ 
   Tell:06-6224-7234
   
※大阪以外でも可能です。マゼックスの購入者です。とお伝え下さい。